そもそも「SEO」って何?

SEO対策

「検索」が日常的に行われる毎日。
スマートフォンの普及、音声検索の一般化などによって、「検索」は生活の一部になりました。
Webサイト運営者にとっては、積極的に情報を探す「検索ユーザー」と出会うことが、成功への第1歩になります。

そこで、サイトへの集客&アクセスアップのための方法として「SEO」が用いられます。

 

「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略で、「エスイーオー」と読みます。
日本語では「検索工ンジン最適化」とも呼ばれます。

これはインターネットで自社のWebサイトへの訪問者を増やしたいときに行う取り組みです。
つまり特定のキーワードで、自社のWebサイトを検索結果の上位(1ページ目の上のほう)に表示させるためにはどうしたらよいかを考え、対策することを「SEO」と呼びます。

数年前までは、SEOに取り組むためにはWebの構造、HTMLのタグ、キーワードの出現頻度など、いろいろな知識が必要でした。
専門的な知識や、業界での最新情報も求められる分野のため、SEOの専門業者に依頼して、高額な費用をかける企業、ECサイトも多かったのです。

 

ところが今のGoogleは、「コンテンツ重視で順位を決める」という方針を強く打ち出しています。
つまり、「良質なコンテンツ」や「役に立つコンテンツ」をたくさん掲載しているWebサイトが、Googleから評価されるようになったのです。
Google からの評価が上がるということは、 Googleの検索エンジンでの順位が上がるということを意味しています。

例えばお店のサイトであれば、新しいコンテンツを盛り込む際に「お客様にとって必要な情報かどうか」「お客様にとって有益な情報かどうか」「書いてある内容が真実かどうか」などコンテンツが良質であるかどうかを常に吟昧して掲載していくことで、検索順位を上げやすくなります。
このように、良質なコンテンツを作ることによって検索エンジンの順位を上げようという取り組みのことを、「コンテンツSEO」と呼びます。
コンテンツSEOこそ、SEO対策においてまず取り組むべきことなのです。

もちろんSEO対策(検索順位をあげるための対策)という観点を抜きにしても、Webサイト運営者が、Webサイトに訪問するお客様にとってより良い情報を盛り込んでいくというのは色んな意味でプラスになるため、やって損はない対策であるはずです。
そしてWebサイト運営者が「お客様のため」を考えて取り組んでいることが、そのままGoogleの評価につながり順位が上がるようになった……ということは、SEOへ取り組みやすくなったと言えるのではないでしょうか。

コンテンツSEOというのは、従来有効とされてきたSEO対策よりもはるかに初心者にとっての難易度が低いとされています。
その影響もあって、過去にSEOの専門業者が多く活躍していた時代から、誰でもSEOに取り組める時代になってきているといえるのです。

 

もしご覧の方の中に、「Webサイトを運営している」「これからWebサイトを作成しようとしている」「自分のWebサイトのアクセス数がなかなか伸びなくて悩んでいる」「現在運営しているサイトのデザインを変える際、SEO対策をしっかり施していきたい」「SEOに挑戦しようとしているが、どうすればいいかよく分からない」という方がいらっしゃったら、ぜひこのサイトを参考にしていただければと思います。