「アルゴリズム」のアップデートについて

Googleはなぜ、「アルゴリズム」のアップデートを行うのでしょうか?

そもそも検索エンジンは、大量のWebサイトの中から、ユーザーの検索意図にぴったりのWebサイトを表示するのが仕事です。
ですが検索した結果、期待していたWebサイトとずれた結果が表示されて、検索をやり直したことはありませんか?
Googleは、この「ずれ」を少しでも解消したいと願い、日々研究を重ねているのです。

不適切なWebサイトを見つける1つの基準が「アルゴリズム」です。
ユーザーにとって役に立たないWebサイトや、他社のWebサイトのコピーサイト、意味のないリンクが大量に張られているWebサイトなどは、不適切なWebサイトとしてペナルティを受けます。
ペナルティを受けたWebサイトは、大幅に順位が下げられたり、検索結果から除外されてしまうこともあります。

Googleは、時代の流れや流行りなどに従って、不適切とされる基準を変えていくこと(=アルゴリズムのアップデート)により、検索精度を高めようとしているのです。

 

さて、アルゴリズムのアップデートは、大規模なものから小規模なものまでさまざまです。
アップデー卜の頻度は、毎日と言われているくらい頻繁ですが、有名なものに「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」があります。

まず、「パンダアップデート」の特徴です。
パンダアップデートは、コンテンツの品質をチェックするアルゴリズムです。
他社のWebサイトのコピペではないか?同じページが複数存在していないか?
文字数が極端に少なく、ユーザーにとって役に立たないページではないか?などを審査しています。
この、パンダアップデートからわかることは、SEOにおいて「コンテンツの品質が重要」だということです。

一方で、「ペンギンアップデート」の特徴は、リンクの品質をチェックするという点です。
低品質な(中身がない)Webサイトからの被リンクはないか?有料のリンクを購入して、大量のリンクを張っていないか?自作自演の関連性のないWebサイトからのリンクを張っていないか?などを見られます。
つまり、ペンギンアップデートからわかることは、「リンクは関連性のあるWebサイトから1本1本しっかりと張ってもらうことが重要」だということです。

これらのアップデートから分かるように、「コンテンツ重視のWebサイト」を作り、「コンテンツを評価されてからリンクを張ってもらう」という順番が王道の「SEO」なのです。