「モバイルフレンドリー」を意識しよう

「モバイルフレンドリー」とは、 Web サイトを表示する際、PCだけでなくスマートフォンなどのモバイル端末で表示したときにも「見やすく使いやすい」表示にしておくことです。
モバイルユーザーの急激な増加に伴って、モパイルフレンドリーなWeb サイトが必須となっています。

SEOの観点でも、Googleでは「モバイルフレンドリー アップデート」というアルゴリズムが導入され、この結果、モバイルフレンドリーになっているWebサイトは、検索結果の順位を上げることができました。
「モバイルフレンドリー アップデート」は、モバイル検索での順位が下がるだけで、PCでの順位には関係がありません。

モバイルフレンドリーアップデートの導入によって、各Webサイトは、PCでの順位とモバイルでの順位に違いが出るようになってきました。
モバイルユーザーが特定のキーワードで検索してWebサイトを表示したときに、モバイル対応のWebサイトが表示された方が便利です。
モバイルでPC対応のWebサイトが表示されて「文字やボタンが小さくて見えない」という状況を避ける効果もあります。

 

また、モバイル重視の傾向は、「モパイルフレンドリー」だけではありません。
Google がウェブマスター向け公式ブログに発表した、「モバイルファーストインデックス」もそのひとつです。
これまでは、 Googleの検索順位を決めるためのベースになっていたのは、PC向けのWebサイトでしたが「モバイルファ ストインデックス」は、PC 向けのWebサイトではなく、モバイル向けのWebサイトで1位を決めていくという方針です。

このように、Webサイトを立ち上げる際は、「モバイル向けのWeb サイト」が必須です。
むしろ、PC向けWebサイトよりもモバイル向けのWebサイトを中心に考えていく必要があるのです。