「レスポンシブデザイン」の必要性

「モバイルフレンドリー」や「モバイルファーストインデックス」に対応するため、さらにモバイルのお客様に対応するために、モバイルサイトを作ることは不可欠です。
だからといって、 PC向けのWebサイトとモバイル向けのWebサイトとの両方を作って更新していくことは、コストも労力も2倍近くかかってしまうというデメリットがあります。

ここで、ひとつのWebサイトを作っておくだけで、閲覧する人の環境に合わせた最適な表示を可能にするのが「レスポンシブデザイン」です。

 

レスポンシブデザイン対応のサイトは、ブラウザをドラッグして小さくすると、自動的にモバイル表示に切り替わります。逆に、ドラッグして大きくするとPC表示になります。
つまり、PC、タブレット、スマホなど、見る人の環境に応じて最適な表示を行うようになっているのです。

こうした「レスポンシブデザイン」などによるモバイルフレンドリーによって、文字や図表が小さくて見えにくく、不満を感じたユーザーが離脱してしまう……といったことを防いだり、それでも読みたいと思ったユーザーが、指を使って文字や図表を拡大する手間などが改善されたりし、よりユーザーが使いやすいWebサイトになるのです。