「SEO」と「アルゴリズム」

SEOを行う上で避けて通れない言葉に「アルゴリズム」があります。

アルゴリズムは、ランキング(検索順位)を決めるルールのことです。
検索されるキーワードに応じて「このWebサイトを1位に表示しよう」とか「こちらのWebサイトを2位に表示しよう」などと決めていきます。

ですが「ルールがわかればSEOもやりやすいのでは?」などと考えないでください。
Googleのアルゴリズムは絶えず改良されていて、その詳細はGoogleの社員でもわからないと言います。

 

ここからは「アルゴリズム」についてもっと詳しく説明します。

簡単に言えば、ランキング(検索順位)を決めるルールのことです。

Googleは多くの観点で Webサイトを評価して、 点数を付けてランキングに利用しています。
この点数付けの項目や、その項目に対して何点付けるかなどのルールを「アルゴリズム」と呼びます。
Googleは、常にアルゴリズムの改良を行っていて、大規模な改良は「アルゴリズムのアップデート」としてGoogleから発表されます。
大規模なアップデートは、多くのWebサイトの順位を大きく変動させるので注意が必要です。

また、SEOに取り組み、あれこれサイトを改善していくと「キーワードは何にすればいいんだろう」「どんなコンテンツを作ればいいだろう?」「タグって何だろう?」「リンクも必要なの?」「競合が1位にいてなかなか抜けない」「順位が下がってきた」など、さまざまな課題にぶつかると思います。

ですがSEOでもっとも大切なことは、お客様の気持ちを考えることです。
どんな課題にぶつかったとしてもちょっといったん頭を切り替え「お客様の気持ちはどうなのだろう」と考えることが第一であり、それが解決の糸口となることは珍しくないのですから。

 

例えば、ハワイアン雑貨やハワイアンジュエリーを紹介したいと思ったら、ハワイアン好きのお客様のことを思い浮かべてみてください。
お客様はどんなキーワードを検索窓に入力するでしょうか?
そのキーワードをクリックしてWebサイトに訪問した方には、どんなページを見せれば満足してもらえるでしょうか?
どんなときにお客様はリンクを張りたくなるでしょうか?

SEOにおいて検索順位をあげることだけに集中してしまうと、こういった当たり前の考え方を忘れてしまいがちです。
「お客様の気持ちを考えること」がSEOの最重要ポイントですので、忘れないようにしましょう。