「音声検索」の普及

スマートフォンが普及して、街中でも音声検索を利用している人の姿を見かけるようになりました。特に、生まれた時からスマホがあったスマホ世代の若者は、PCの検索でも普通に音声検索を使います。
音声検索がより普及してくると、SEOに取り組むうえでどのように変わってくるのでしょうか?

「OK! Google」というCMで有名な「Google アシスタント」という音声検索ツールや、iPhoneの秘書機能である「Siri (シリ)」などが音声検索ツールとして有名です。
音声検索とは、検索の際に文字を入力して検索するのではなく、音声で話しかけることによって検索を行う方法のことです。
検索の際に「~を教えて」「~はどこ?」「~を調べて」などと質問すると、検索エンジンが検索結果から最適な答えを探し、音声で答えてくれるのです。
こうした音声検索は、スマートフォンの普及によって一気に広まりました。

音声検索は声で話しかけるだけなので、文字を入力する検索方法に比べて「手軽である」という点がメリットになります。
スマートフォンやさまざまな機器が生活の中に入り込んでくることによって、私たちはより日常的に音声検索を使うようになることが想像できます。