「音声検索」によるSEOへの影響

今後「音声検索」の利用が増加することによって、「複数キーワードでの検索」「キーワード検索から文章入力による検索」「あいまいな言葉や感情そのままの検索」が増えると予測されます。
文字入力よりも格段に手軽に検索できる環境を手に入れた私たちは、「どんな検索キーワードを入力しょうか?」と考える間もなく、気持ちのまま、勢いで検索するようになるでしょう。

しかし、これではキーワードの洗い出しが難しくなり、戦略が練りにくくなります。そのため、音声検索が広まると「SEO」はより難しくなると考えられます。

また、検索結果が1位でなければ意昧がないという問題が出てきます。
従来、文字検索の場合は、検索ユーザーが検索結果の画面を見て、どのWebサイトを開くかを決めていました。つまり、2位や3位、それ以降の順位であっても、Webサイトに訪問してもらえる可能性がありました。
ところが音声検索の場合は、読み上げられるのは1位のWebサイトのみとなります。音声検索の場合は、1位でなければ検索ユーザーと出会えないという厳しい状況になるのです。
そのため、今から音声検索の動向に注意して、対策を考えていく必要があります。