「重複コンテンツ」に注意する

現在、Googleでは、コンテンツ重視を強く打ち出し、低品質のコンテンツを作らないようにすることが求められています。なかでも「重複コンテンツ」は、場合によっては大きなペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
基本は「重複コンテンツを作らないようにしよう」ですが、やむを得ず重複コンテンツになってしまうこともあるので、その場合は適切な対応が必要になります。

「重複コンテンツ」とは、内容が同じまたは重複部分が多いコンテンツのことです。なぜこれがダメなのかというと、検索ユーザーが検索した際、類似のページが1位と2位に出てきたらどうでしょう?検索ユーザーは1位のページを見て、違うページと比較したいと思って2位のページを見たのにも関わらず、内容が同じでは、役に立ちませんよね。
このようなクレームを回避するため、検索結果の上位に、内容が同じページを表示しないようにしているのです。

この「重複コンテンツ」には、同一ドメインの配下に重複コンテンツが存在している場合と、異なるドメインの配下に重複コンテンツが存在する場合があります。重複コンテンツは低品質なコンテンツとみなされ、順位が下がってしまう危険性があります。

また、中でも「著作権を無視したコピーコンテンツを使った」「何度も同じことを繰り返し書いているうちに部分的に似てしまった」「PC用のページとモパイル用のページを別々に作ったが、説明文は同じものを掲載してしまった」「Webページと印耐用のページを掲載したため、重複になってしまった」などのケースでも、Googleからのペナルティを受ける可能性があります。
最悪の場合、法的な問題に発展したりすることもありますので十分に注意してください。