検索エンジンに正しく情報を伝える

検索エンジン側がWebページの情報を正しく知っていなければ、検索している人に適切なwebページを表示することはできません。そして、間違った情報を元にして検索結果にwebページを表示してしまうと、検索をしている人に満足してもらうどころか、逆効果になってしまいます。
webサイトやwebページを公開している私たちとしても、正しく検索結果に表示してもらわなければ困ります。たとえばコーヒー豆を販売しているメーカーなのに、カフェとして検索結果に表示されるのは間違いです。このような間違いが起こらないように、適切な情報を検索エンジンに伝える必要があります。
Google検索の、webページの読解力は日々高まっているので、webページに対して、そこまで大きく間違った理解をすることは減っています。とはいえ、Google検索の読解力に頼るのではなく、自分でできる対策はしっかりとやっておきましょう。
たとえば、検索エンジンは写真(または画像)を認識するのが苦手で、なんの説明もないと、なんの写真なのか正しく認識することができません。そのため検索エンジンが、写真を正しく認識できるように、花の写真なら「これは花
の写真ですよ」と、その写真 の説明を記載 (altタグを使う)することが必要です。
このように検索エンジンにwebページの情報を正しく伝えるととはSEOにおい て、とても大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です